横尾忠則 続・Y字路開館3周年記念展

2000年以降の横尾忠則の絵画作品を代表する「Y字路」は、横尾が故郷の兵庫県西脇市を訪れた際に撮影した一枚の写真に端を発します。少年時代に通った模型店が無くなったことを知り、横尾はその跡地をカメラに収めますが、現像された写真の中にその懐かしい風景はありませんでした。夜の闇の中、フラッシュに浮かび上がる建物、その手前で二叉に分かれる道 ― 郷愁から切り離された、見知らぬ夜の風景が、横尾の制作姿勢を大きく変えることになります。横尾は、その写真を忠実にキャンバスに写し取り、一切の「私」的な要素を排除した普遍的な絵画を試みました。 この作品に特徴的な、2つの消失点をもつ左右対称の構図は、以後「Y字路」シリーズとして定着します。また、「Y字路」は、その主題のニュートラルな性質ゆえ、横尾の膨大なイメージの受け皿となり、過去の多様な様式と融合し、横尾芸術の実験場と化していくのです

本展では2006年以降の「Y字路」作品を中心に、約70点を展示いたします。温泉地を巡って縁(ゆかり)のモチーフを詰め込んだ「温泉」シリーズ、全国各地の美術館での公開制作、絵画的実験「黒いY字路」など、意欲的な挑戦の軌跡である「Y字路」作品が一堂に会する貴重な機会となります

会期
2015年8月8日(土)〜11月23日(月・祝)
開館時間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場は閉館30分前まで
休館日:月曜日[ただし9月21日(月・祝)、10月12日(月・祝)、11月23日(月・祝)は開館、9月24日(木)、10月13日(火)は休館]
会場
横尾忠則現代美術館
主催
横尾忠則現代美術館([公財]兵庫県芸術文化協会)、神戸新聞社、毎日新聞社
後援
兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、サンテレビジョン、ラジオ関西
助成
一般財団法人地域創造
協力
ホテルオークラ神戸
観覧料

一般       700(560)円
大学生      550(440)円
高校生・65歳以上 350(280)円
中学生以下    無料

※( )内は20名以上の団体および前売(高校生、65歳以上は前売なし)料金
※障がいのある方とその介護の方(1名)は各当日料金の半額(65歳以上除く)
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください
※前売券はローソンチケットで一般、大学生のみ販売(Lコード:54136)
※ローソンチケットは当日券(一般、大学生のみ)も販売しています
※前売券の販売は8月7日(金)まで。会期中は販売しません

関連事業
  • あがた森魚ライブ

    出演:あがた森魚
    日時:11月15日(日)18:30開場/19:00開演
    会場:当館オープンスタジオ
    参加費:未定(有料)※要予約
    定員:200名
    ※申込み方法等の詳細は決定しだい順次お知らせします

  • Y Y(わいわい)ワークショップ

    講師:当館スタッフ
    日時:8月27日(木)13:30〜16:00
    会場:当館オープンスタジオ
    対象:小学生以上
    定員:15名
    参加費:無料 
    ※要予約、応募者多数の場合は抽選
    ※高校生以上の参加者、保護者の展示室への入場は展覧会チケットが必要です

  • イブニング・ギャラリーツアー

    講師:当館学芸員
    日時:8月15日(土)、9月5日(土) ※いずれも18:00〜18:45
    集合場所:当館オープンスタジオ
    参加費:無料、ただし要展覧会チケット

画集通販

Y字路シリーズ全作品を収録した画集『横尾忠則 全Y字路』(岩波書店)の通信販売を行っております
詳しくはこちらをご覧ください
※当館ホームページおよびミュージアムショップでお買い求めいただいた方には、特典として「続・Y字路」展担当学芸員によるエッセイを収録した小冊子をプレゼントいたします

《想い出劇場》 2007年 西村画廊蔵
《ルソーのY字路》2007年 姫路市立美術館蔵
《怪人二十面相道後に現る》2007年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
《アストラルタウン》2008年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
《「ガロア」の家》2009年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
《夢千代日記》2007/2010年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
《東京家族》 2012年 作家蔵
《如何に生きるか》2012年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)