横尾忠則 自我自損展ゲスト・キュレーター:横尾忠則

ポスターデザイン:横尾忠則

本展はアーティスト横尾忠則をゲスト・キュレーターに迎えた展覧会です。横尾が自らの個展をキュレーションするのは、公立美術館では初の試みです

タイトルの「自我自損」は、エゴに固執すると損をする、という意味の造語です。その背景には、自らの旧作に容赦なく手を加えて新たな作品へと変貌させたり、同一人物とは思えないほど大胆にスタイルを変化させる、横尾の絶えざる自己否定、そして一貫したテーマである「自我からの開放」があります

本展では、横尾が自ら出品作品を選定し、展示プランを考案します。現役アーティストの名を冠した美術館ならではの野心的な試みに、どうぞご期待ください

会期
2019年9月14日(土)〜12月22日(日)
開館時間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場は閉館30分前まで
休館日:月曜日[ただし祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館]
会場
横尾忠則現代美術館
主催
横尾忠則現代美術館([公財]兵庫県芸術文化協会)、神戸新聞社、産経新聞社
後援
サンテレビジョン、ラジオ関西
助成
一般財団法人地域創造
協力
SCAI THE BATHHOUSE、ホテルオークラ神戸
観覧料

大学生 550(400)円
70歳以上 350(250)円
高校生以下 無料

※( )内は20名以上の団体および前売料金
※70歳以上は前売はいたしません
※前売券は9月13日(金)まで、当館ミュージアムショップ、ローソンチケット(Lコード:53811)、楽天レジャーチケットおよびJTB電子チケットで一般、大学生のみ販売
※ローソンチケット、楽天レジャーチケットおよびJTB電子チケットは当日券(一般、大学生のみ)も販売します
※障がいのある方は各観覧料金(ただし70歳以上は一般料金)の75%割引、その介護の方(1名)は無料
※コープこうべ、JAF(日本自動車連盟兵庫支部)会員の方は、会員証のご提示で各観覧料金を団体料金に割引(詳しくは美術館窓口にてお問い合わせください)
※ICOCAで決済いただくと、本人および同伴者の観覧料金を一般600円、大学生500円に割引
※兵庫県立美術館の特別展または県美プレミアムのチケット半券をご提示いただくと、横尾忠則現代美術館の企画展が団体割引料金でご覧いただけます
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください
※関西文化の日〔9月27日(金)、11月1日(金)、11月8日(金)〕は無料でご観覧いただけます
※即位礼正殿の儀を慶祝して、10月22日(火・祝)は無料でご観覧いただけます

関連事業
  • Y+T寄席「遊興亭福し満 落語会」

    日時:10月19日(土)14:00〜
    会場:当館オープンスタジオ
    出演:遊興亭福し満
    演目:宗珉の滝
    参加費:無料
  • キュレーターズ・トーク

    日時:9月28日(土)、11月4日(月・振休)、12月7日(土) 展覧会の見どころについて
         11月1日(金) 保存・修復活動について
         11月2日(土) アーカイブルームについて
       ※いずれも14:00〜14:45
    会場:当館オープンスタジオ
    講師:当館スタッフ
    参加費:無料、ただし要展覧会チケット
  • ワークショップ「ガラス絵を作ろう!」

    日時:2019年11月30日(土)13:30〜16:00
    会場:当館オープンスタジオ
    講師:当館スタッフ 
    対象:小学生以上
    定員:10名(要申込)
    参加費:無料、但し要展覧会チケット(高校生以下は除く)

図録通販

『横尾忠則 自我自損展』 2,500円(税込)
*詳細はこちら

《Angel with Space Ships》 1986年頃 横尾忠則現代美術館蔵
《I'm Running Out of Time》 1994年頃-2003年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
《2: 1》 2000年頃 作家蔵
《Blow Up》 2000年頃 作家蔵
《A.W. Mandara》 2019年 作家蔵
《3つの叫び》 2019年 作家蔵